M&Aや企業再生・民事再生、破産・倒産のご相談(弁護士)

金子博人法律事務所(M&A・企業再生・民事再生・弁護士)

M&A・企業再生・民事再生の弁護士-金子博人法律事務所
法律事務所の利用について
事務所案内図
弁護士のプロフィール
FAQ
インダストリ−4.0
IOTの戦略
ENGLISH
M&A
民事再生、企業再生とM&A
企業の再建、再生、破産、清算
事業承継
相続
医療法人の相続
学校法人の再生
海外移転支援
中堅・中小企業の海外展開のイロハ
税務訴訟
知的財産権と著作権
不動産関係法-弁護士法律相談
旅行法
国際法務
為替デリバティブ(通貨オプション・fxオプション)
当事務所主催のセミナー
成功する経営者の13項目
弁護士金子博人の
エッセイを、
雑誌Lawyersに連載中
金子博人のエッセイ
金利スワップ・仕組み債
の被害回復には
専門家の力が必要です。
金利スワップ・仕組み債 専門サイトはこちら
知財関係について提携しています。
鈴榮特許綜合事務所
法律事務所の利用について

法律事務所とのつきあい方
相談の方法

まずは、気軽に法律相談をすることです。すべてはそこからです。

企業や事業をしている人は、顧問弁護士を持つことがベストでしょう。トラブルは予防が最も重要です。普段の経営面でも法的観点からアドバイスを受けられます。従業員も、自分の個人的な問題で相談できます。


弁護士の手数料と報酬について

相談料は、無料です。

訴訟事件は、スタート時に着手金、終了時には成功部分につき報酬が必要です。着手金も報酬も、その事件の経済的価値に対する%で決まります。
 目安は、300万円の部分につき、着手金8%、報酬16%
 300万〜3000万円の部分につき、それぞれ5%、10%
 3000万円〜3億の部分につき、各々3%、6%
 3億円越えの部分につき、それぞれ2%、4%

経済的価値の算定は難しいので、まずは法律相談して、その時に手数料・報酬も確かめるのが合理的です。法律相談後、継続して訴訟を依頼するかどうかは依頼者の自由です。


顧問弁護士とはどういうものか知りたい人へ

トラブルは、その解決より、起こさないことが必要です。そのためには、いつでも相談できる弁護士を持つことです。それが顧問弁護士です。

顧問料は、弁護士会の基準では、事業者月額5万円以上、非事業者年額6万円以上です。ただ、中小企業で相談件数が少ないことが予想されるときは、月額3万という例もよくあります。また、誕生したばかりのベンチャー企業は1万円からスタートすることもよくあります。

会社案内に、顧問弁護名を入れられるということは、その会社の信用に大いに役立ちます。事業家なら、誰でも顧問弁護士を持っているという社会になってほしいものです。

【金子博人法律事務所】お問い合わせ



[HOME] [法律事務所の利用法] [事務所案内図] [弁護士のプロフィール] [FAQ] [インダストリ−4.0 IOTの戦略]
[ENGLISH] [為替デリバティブ(通貨オプション・fxオプション)] [知的財産権と著作権] [相続]
[不動産関係法] [旅行法] [M&A] [民事再生、企業再生とM&A] [企業の再建、再生、破産、清算]
[国際法務] [エッセイ]
金子博人法律事務所(M&A・企業再生・民事再生)
東京都中央区銀座8-10-4 和孝銀座8丁目ビル7階 [地図]
TEL : 03-3574-8535 / FAX : 03-3574-7144
M&A・企業再生・民事再生の弁護士-金子博人法律事務所